FC2ブログ

石心小野 石屋さんブログ

(有)石心小野の石屋の日記です。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬期間営業について

2019.02.19 (Tue)
2018年は、震災や台風など相次いだ災害に、日本各地で被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。

2019年に移り変わったものの、未だ復興途中の被災地も多々ある事と思います。

厳しい冬ももうすぐピークを終え、回復と復興に頑張った心を少し緩めてくれるような、穏やかな春が来てくれる事を望みます。


昨年秋の震災で多忙を極めた札幌近郊の石材業界ですが、当社もこの雪があるうちは霊園での作業が難しい為、工場作業や地方での作業に就いている時間が多くなっております。

お墓の修理や建立に関するご相談やお見積りは随時お受けしておりますが、不在にしている日も多い為
お電話でのお問い合わせ・ご相談のご予約をされることをお勧めしております。

お電話でのご相談等は 9:00-18:00 まで受け付けておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

(有)石心小野 (せきしんおの)
電話 0117723244
fax  0117723844
メール info@sekishin-ono.co.jp


スポンサーサイト

「胆振東部地震」により被災・避難された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

2018.09.12 (Wed)
2018年9月6日未明に発生しました「胆振東部地震」により被災・避難された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

当社にて墓石の修理・据付け直し等の修繕をご依頼されているお客様には、現地視察やお見積りの提出が遅れており大変ご迷惑をおかけしております。

現在、札幌近郊の石材店に多数の墓石修理のお問い合わせが殺到している状態です。

特に震災被害の大きかった里塚霊園周辺の石材店では、修理までにに既に数ヶ月待ちの状態となっている様子です。
当社にも多数お問い合わせを頂いておりますが、各墓所別に周回している為にお見積り提出まで数日お時間を頂戴しております。

つきましては、お問い合わせの際は是非お手元に「墓地の名前」「お墓の区画番号」(墓地使用許可証に記載されています)をご用意して頂けますと、スムーズにお見積りを進める事が出来ます。
区画番号がわからない場合は、当社にて霊園地図をご用意しておりますので御来社頂き大体の場所を示していただければ、探すことが可能です。
またお客様ご自身で墓所の点検に行かれた場合、墓所の破損具合を撮られた写真がありますと、おおよそのお見積りが出来ます。
ご自身でご確認が出来ずらい状態のお客様も、上記「墓地の名前」「区画番号」がおわかりでしたら、他のお客様のご都合と合わせて当社で視察、見積が出来ますのでお問い合わせください。

また、ご家庭におきましても「庭の灯篭が倒れた」などのお問い合わせをいただいております。
危険な状態なものを出来るだけ優先するよう尽力しておりますので、「危ない」と感じる倒壊状態の方は、お早めにご連絡ください。

墓石・付属の石材は見かけ以上に重量がありますので、棹石や墓誌などをご自分で動かすことは大変危険です。お見積りは無料ですので、まずは石材店にお問い合わせください。

お問い合わせ先

電話 011-772-3244
石心小野(せきしんおの)

可能でしたら、お手元に墓地の名前・区画番号をご用意の上、「○○霊園のお墓の修理について」とお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

夏ですね。建替えです

2018.07.29 (Sun)
近隣の学校も夏休みが始まり、夏真っ盛りとなってまいりました。

石材業は、毎日大忙しで各墓地やお客様先を走り回っています。

日々たくさんのお客様から「お墓に亡くなった方の名前を彫りたい」「お墓の一部が壊れているので直したい」などのお問い合わせを頂いております。

毎日どこかの墓地には出向いているので、都合が合いましたらすぐに現地確認に向かいますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

さて先日建立させていただきましたお墓をご紹介いたします。

Uhp用
棹石は今までの物を使いながら、まるで新しく建替えたかのように綺麗に整った墓所

今回、棹石はそのままの物を使用し、周囲の床材や外柵を新しい石に張替・建替え施工しました。
長年愛着のある棹石はそのままで、新規建立のような美しい墓所になりました。

今回の設計のポイントとしては、墓所の周囲に木が生い茂っているので実や葉のシミが入りにくいインド産の石を使用しました。

最近は洋型のお墓が増えてきたので、灯篭を見ることが少なくなってまいりましたが、今回はお客様のご希望により門柱に灯篭を設置しました。
やはり和型のお墓と灯篭はよく調和しますね。
新たに厳かさと神聖さを感じさせてくれる墓所となりました。

可能な限りお客様のご希望や墓所の立地環境を考えながら、石の特性を活かして施工させて頂きました。

当社は石工職人と営業・設計担当者からなる直接施工会社です。
3代続く石工として得たお墓の知識と経験を活かし、お客様のご希望に沿えるようなお墓を作り上げられるよう、日々努力しております。
少人数の会社ではありますが、有資格者がご相談をお伺い致しますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

(担当 ゆき)

自然石のお墓

2018.05.09 (Wed)
新緑の季節となり、各墓地でも冬枯れの木々がいっせいに芽吹き始めました。

そんな若葉にとても似合う、「自然石」のお墓のご紹介2例目です。

前回と同じ伊達冠石を使用した墓石ですが、大変大きな棹石として施工した例です。

前回はガーデン風にアレンジした可愛らしいスタイルでしたが、こちらは「心」の一文字を配し、堂々としたスタイルに仕上がりました。

正面の黒色に対し外側のサビ色のコントラストが大変美しい伊達冠石ですが、この石の魅力は出来立ての美しさだけではありません。

カットした面の黒色が経年と共に、だんだんと薄いコーヒー色に変化してくるのです。

その色合いの淡さもまた素晴らしく、更に新しい表情を増すような石材で、私個人的には大変愛おしさを感じる石種の一つです。


2018N家正面
正面  漆黒の表面は宇宙を感じさせるかのような奥行きを持っています。
大変硬度の高い石なので、磨き面のツヤはまた格別です。

2018N家背面
背面  カット面の漆黒とは全く異なるサビ色に覆われた表面は、鮮やかな山吹色で新緑とも相まって大変美しく映えています。


今回は、美しい石材の持つ存在感を引き立たせられる様に、周囲の造作や色調は努めてシンプルにデザインしました。

当社では、お一人毎に異なるご希望をご希望のご予算内で、可能な限り表現できるように毎回細部の設計を変更し、微調整して御打合せ・作成しているため、もしかしたら他社よりもご提案が少し遅くなる事があるかもしれません。

また、担当者がお客様や故人のお話を深く聞き入ってしまうため、図面作成まで大変お時間を頂戴してしまうこともあります。

その為、ご提案書類を最後にお持ちする石屋となるかもしれませんが、どうか少々お待ちいただけると大変有難く存じます。

勿論、お急ぎの方にはメールやお電話で早急にご対応させていただいておりますので、お時間にあまり余裕が無いお客様も「急いでる」とお伝え頂き、是非ご相談ください。

ご相談・お見積りは無料ですので、何か疑問や質問がございましたら、お気軽にご相談ください。
技術と経験が豊富な当社の職人と、穏やかさに定評のある有資格者の設計担当が、丁寧にお話をお伺いいたします。

担当 ゆき


(有)石心小野(せきしんおの) 
電話 011-772-3244
FAX 011-772-3844
メール info@sekishin-ono.co.jp


自然石について

2018.03.12 (Mon)
3月に入りましたが道内では急な大雪・強風の日や、一転して春真っ只中のような陽気の日があったりと、目まぐるしく変わる天気に振り回されがちです。

そのため、近隣の学校でも悪天候による臨時休校や、インフルエンザによる学級閉鎖が相次ぎ、人も仕事もバランスが崩れてあわただしい日々を過ごしております。

一刻も早く本格的な春を待つ中ですが、今回は「自然石」墓所の装いについての近況です。

一般的なお墓では、和型や洋型の棹石の石種に合わせて花立やベンチ・物置台を作成するのですが、棹石が自然石だった場合、周辺の造作は同じ石材で作るのが困難な事があります。

元は大きめの岩を原石として、その素朴な外形を生かし正面字を彫刻するスタイルが多い「自然石棹石」の最初はこのような形です。

自然石原石
比較的棹石としてふさわしい形状の自然石の例



こちらを少々カットし磨きをかけて、正面に文字彫刻した際美しく仕上がるよう加工したのがこちらです。

自然石棹石加工
岩の外側と磨いた内側では全く異なる美しさを持つ自然石自然石墓所201401
ガーデンスタイルに仕上げた、自然石の墓所


当社でも比較的珍しい施工例なのですが、お客様のご希望と故人の思い出をお聞きしながら、慎重に作成させていただきました。

季節の移り変わりも感じられ、墓所と言うよりは故人を偲ぶガーデンの一部という趣なのですが、お客様も頻繁に芝のお手入れに通われるうちに、やはり一息の休息が取れる様なベンチを御所望されました。

ですが、このような雰囲気に見合う石材が中々見つからず、現在もあちこちを探している途中です。

そんな中、平たい自然石でも比較的石目の美しい物が出てまいりましたので、こちらを造作する提案を鋭意作成中です。


自然石板材
雰囲気の素朴な扁平な自然石

まだ見つけただけの段階ですが、磨いた棹石の美しさと素朴な外見のやさしさが、うまく表現できるよう日々思案しております。

通常の墓石材とされる石材は、山から切り出してきた巨大な原石から、川や山から採石された岩の自然石まで多種多様です。
その中からお客様のイメージに合う物、墓所の気候や環境に合う物などを考慮しつつ、何枚もデザインを考えては再考する事を日々繰り返しております。

その分もしかすると当社は他社よりも、お墓の打ち合わせに長い時間がかかっているのかもしれません。

なので、もしお急ぎの場合はぜひお申し付け下さい。
ご希望の期日までに仕上がるよう、日程を調整して施工してまいります。

何分、当社の担当がお話をお伺いするのが好きなタイプの為、気が付いたら大変長い時間を頂いていることがあります。
もうすぐ訪れる雪解けの頃にはまだ若干時間の余裕がありますので、この時期にぜひお早めにご相談ください。
イメージだけや、金額のご相談だけでも、お電話でお伺いしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。

(担当 ゆき)
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。